生活情報 豆知識 雑記

小盛りだくさん情報ブログ

毎日の小さな気付きを発信中です

ヨーグルトパックで美肌になろう。小麦粉を使った作り方と置き時間は?

読了までの目安時間:約 6分

ヨーグルトは整腸作用があるし、体に良いものとして、多くの人が認識していると思います。みなさん御存じのヨーグルトですが、スキンケアにパックとして使うと美肌効果も期待できるのです♪

スポンサーリンク

ヨーグルトで美肌になるパック

ヨーグルトにはたくさんの栄養や乳酸菌などが含まれ,それが美肌にも効果的!ヨーグルトパックをすることで美白はもちろん、様々な肌トラブルの改善が期待できるのです。

効果がスゴイ!と話題になったりしますが、一体どうしてヨーグルトを肌に塗ると”美肌”になれるのでしょうか?

 

ヨーグルトを食べる時、上の方に透明の液体がたまっている時がありませんか?これは「乳清」といい、とても栄養豊富なのです。

 

乳清には…

 

ビタミン・ミネラル・たんぱく質

 

などが含まれています。乳清にはメラニンを作る酵素の活性化を抑える働きがあり、乳清が含まれるヨーグルトでパックをすることで、シミやそばかすを防ぎ美白効果が期待できるのです。

 

分解酵素で毛穴をキレイさっぱりに

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には「プロテアーゼ」という分解酵素が入っていて、このプロテアーゼはたんぱく質を柔らかくしてくれます。なので毛穴の角質はたんぱく質なので、ヨーグルトパックで角質を柔らかくして汚れを落としやすくする効果があります。

 

そのため、洗顔の前にヨーグルトパックを行うことで、毛穴詰まりの予防・改善に効果が期待できます。

 

ピーリング効果で美白効果も

お肌のターンオーバーって大切ですよね?ターンオーバーがキチンと行われてないと古くなった角質が肌に残ってしまって黒ずみの原因やシミになってしまいます。ターンオーバーを正常におこなうためには、古くなった角質を取り除かなければなりません。
これをピーリングといいますが、ヨーグルトに含まれているフルーツ酸にはこのピーリング効果があります。

 

※フルーツ酸はグリコール酸、クエン酸、リンゴ酸、乳酸、シトラス酸などがあり、ヨーグルトには「乳酸」が含まれています。

 

にきびにも効果てきめん

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には雑菌の繁殖を抑える効果があります。
お肌には常在菌がつねに住みついていて普段は雑菌や病原菌からお肌を守ってくれています。が、ストレスや生活習慣のよってバランスが崩れると肌荒れを引き起こ原因になります。乳酸菌を含んだヨーグルトパックは悪い菌の繁殖を抑えて、お肌の環境を整えてくれるので、にきびや肌荒れの予防、改善に効果が期待できるのです。

 

※ヨーグルトパックの効果を得るためには、肌の調子が良い時に行いましょう。そしてパックの後は保湿ケアを忘れないということがポイントになります。

スポンサーリンク

ヨーグルトパックの作り方、小麦粉を使おう

ヨーグルトパックの作り方

【材料】
・プレーンヨーグルト(無糖タイプ)
・小麦粉(薄力粉)

 

ヨーグルトと小麦粉を1:1の割合で小麦粉のダマがなくなるまで混ぜます。使用する部分によって量を調節しましょう。フェイスパックでしたら、各大さじ1程度で十分です。液だれが気になるようでしたら、小麦粉を足しましょう。とても簡単ですよね。ヨーグルトパックを作る時は、栄養成分が豊富な上澄み液の乳清も一緒に混ぜ合わせるようにしましょう。

 

 

ヨーグルトパックしたらの置き時間

やり方も簡単です

・ヨーグルトパックを顔全体に均一に塗る
・塗ったら10分間パックする
・ぬるま湯で綺麗にすすぎ落とす

 

ヨーグルトパックは、フルーツ酸が含まれているため「ピーリング効果」があります。古い角質を落として肌のターンオーバー機能を促進し、代謝率を高めて美肌作りをサポートします。

美肌のために!と、やり過ぎると必要な角質まで洗い落とし、逆に肌にダメージを与えてしまうので、ヨーグルトパックは1週間に1度くらいがよいですね♪乾燥肌でデリケートな肌質の方は、2週間に1度くらいのペースがおすすめです。
化粧ノリが悪いと感じる時や、くすみや毛穴の汚れが気になるという時だけ行ってもとても効果的です。

 

パックのあとはしっかり保湿
ヨーグルトパックの美肌効果をムダにしないためにも、パックの後は、しっかりと保湿しましょう。パックの後、にぬるま湯で綺麗に洗い流した後は、美容液や保湿クリームを使ってしっかりとケアしましょう。

 

 

まとめ

冷蔵庫の中に入っているヨーグルトで簡単にできるヨーグルトパック。リーズナブルにできてパックしたい時に作れるので便利ですね♪ヨーグルトには整腸作用もありますので、食べることでも美肌に繋がるため、体の内側と外側からケアしてあげると効果が高まります。

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気の記事

肌の乾燥が秋にひどくなります!とてもかゆいしつらい。対策が知りたい

秋から冬にかけて、とても肌がかゆくなったりしませんか?季節の変わり目は肌のゆらぎがひどくなります。 いつもは平気なのに、ちょっとしたことで肌がゆらいでしまう…という人は少なくありません。例えばそれは、乾燥が原因だったりし…

喪中はがきを出すマナーとは?出す時期や出す範囲、デザインはどうしよう?

今年も年賀状の時期が近づいて来ました。自分が喪中であったりした場合、この時期にやらなければならない事があります。それは「喪中はがき」を出すことです。自分が喪中であることや、自分の家に不幸があったことを知らせて「喪中のため…

最近の投稿
カテゴリー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。