生活情報 豆知識 雑記

小盛りだくさん情報ブログ

毎日の小さな気付きを発信中です

赤ちゃんが乾燥性湿疹に。原因はなに?石鹸の使い方と保湿剤のおすすめ。でもその前に大切なことが。

読了までの目安時間:約 9分

赤ちゃんは、お肌がとてもきれいです。生まれて間もない時は、少しでも赤くなっていたり、ブツブツが出来てしまうと、不安になってしまいますよね。乾燥していて、痒がっていたりすると辛そうで早く治してあげたいです。石鹸や保湿剤が大切ですが、その前にもっと大切なことがあります。今回はとくに「乾燥性湿疹」についてご紹介です。

スポンサーリンク

赤ちゃんが乾燥性湿疹に。原因は?

乾燥性湿疹とは、赤ちゃんがなってしまう様々な乳児湿疹のうちのひとつです。

 

生まれてまもなくの赤ちゃんは、身体の中にお母さんからもらったホルモンが残っているため、十分な水分と皮脂を蓄えていて乾燥に悩むことはありません。

 

が、しかし、そのホルモンは成長と共に徐々に減り、生後3ヶ月頃にはほとんどなくなってしまうのです。
お母さんからのホルモンがなくなった赤ちゃんは、自分自身の水分と皮脂だけとなるので一気に肌が乾燥し始めるのです。乾燥した肌はバリアがなくなってしまうため、些細な刺激で赤くなったり湿疹が現れたりします。

これを「乾燥性湿疹」と言います。

 

赤ちゃんの皮膚はとても薄く、大人の半分だと言われてます。皮膚面の水分を保つ機能もまだ発達していないため、赤ちゃんのほっぺや背中など、カサカサに乾燥しやすい状態です。

赤ちゃんのお肌の乾燥が続くとバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすくなります。些細な刺激でもほっぺや背中の血流の流れが活発になり、赤くなってしまいます。辛そうです。気温差や日焼け、摩擦による可能性もあります。それだけ敏感なのです。

 

 

赤ちゃんの乾燥性湿疹の石鹸の使い方とは?でもその前に大切なことが!

赤ちゃんの乾燥性湿疹には、石鹸だったり保湿剤が、大切なのはわかっているのですが、その前に自宅でのケアを頑張る前に、とても大切なことがあります。

それは病院に行ってきちんと診断を受けること!です。

 

赤ちゃんの乾燥部分が真っ赤に腫れていたり、ブツブツになっていたり、切れてジュクジュクしているなど症状が悪化している場合は、自宅でのケアを考える前に必ず病院の治療からスタートしてください。

 

なぜなら、こうなってしまっては赤ちゃんの自力で元に戻ることは不可能なのです。それに早くもとのきれいなお肌に戻してあげないと患部を触ってしまったりするの悪化してしまったりします。辛そうですしね!またアトピー性皮膚炎の恐れもあります。

 

症状によっては、保湿やかゆみを軽くする目的で、ステロイド系の塗り薬やかゆみを抑える内服薬が処方されます。赤ちゃんにステロイド系の薬を使用するとなると、心配になるかもしれませんが、医師の指示のもとで正しく利用すれば、基本的に影響はありません。

 

また、ケアをしても乳児湿疹が治まらないときは、実はアトピー性皮膚炎が起きていることもあるので、早めに医師に診てもらい、原因の特定と適切な治療をすることが大切です。大切な赤ちゃんのお肌を健やかに保っていくには、病院での治療と自宅でのケアがどちらも重要なことです。

 

石鹸でのお手入れ

固形石鹸でやさしく洗いましょう固形石鹸です。

 

ボディーソープのように、保湿成分など余計なものが入ってないから、悪化しにくいです。液体のボディーソープは、流した後にも肌の上に何か、ぬるぬるしたものが残ってしまうのです。お肌がしっとりする成分が入っているのでしょうけど、これがお風呂あがりの肌が乾いてくる時に、すごくかゆくなるんです。

 

そして、石鹸で毎日洗うのは頭とか脇とか足先ぐらいで、他の部分はお湯で流すだけのことが多いです。
週に一度ぐらいは全身洗いますが、普通の肌の人とちがって乾燥しがちなのであまり油分をとりすぎるのは逆効果です。皮膚科の先生にもお湯でも十分お肌はきれいになります。と言われました。

 

夏は汗でベタベタになるので、もう少し使う頻度はありますが基本は軽めの石鹸洗いです。

 

そして、わざわざ保湿成分を上からつけるより、自分の身体の内から保湿できるのが一番だと思います。

ただでさえ乾燥肌で中々出ない油分を洗いざらい取っちゃうのはどうかなと思いますので、せっかく出た油分(保湿成分)をキープできるぐらいの簡単な洗い方にします。石鹸の泡で肌をなでるように…。

 

体を洗うのはボディーソープよりも固形石鹸

 

洗い方は、毎日一生懸命洗わなくても大丈夫

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの乾燥性湿疹によい保湿剤のおすすめ

生後3ヶ月頃までは皮脂の分泌がしっかりしているので、特に保湿しなくても良いのですが、生後3ヶ月以降に発症しやすい乾燥を伴う湿疹が現れたときは、1日2回保湿剤を塗るなど、肌の保湿を意識的に行いましょう。

 

保湿剤なのですが、医師処方の保湿剤(ヒルドイド)がとても良いです。乾燥性湿疹がひどいときには医師に処方してもらうとよいです。

 

あとは、市販の保湿剤ですね。赤ちゃんの肌質や使用するシーン、季節に応じて使い分けてもよいですね。乾燥がひどい時は、異なる種類の保湿剤を重ね塗りするのもおすすめです。

 

赤ちゃんの保湿剤を選ぶポイント

・余分な成分がはいっていないこと
・なめても安全なこと
・保湿効果が高いこと
・取り扱いやすくて、塗りやすいこと
・においがきつくないこと
・お肌の状態に合ったものであること

 

…が、大事なポイントです。

 

それぞれの保湿剤の特徴

・ベビーローション・・・伸びがよくベタつきも少ないので塗りやすいです。お風呂上がりの全身のケアに使用

 

・ベビーオイル・・・こっくり重めのテクスチャーです。保湿力が高く乾燥が激しい部分の使用におすすめです

 

・ベビークリーム・・・ベビーローションよりも油分が多く保湿力が高いものの、ベビーオイルより伸びがよく、重ね付けにもおすすめです。

 

・ワセリン・・・浸透力がなく皮膚表面に留まるので、肌荒れを保護するのに最適です。

 

保湿剤の塗り方

1.お風呂上がりは、なるべく5分以内に保湿剤を塗る

沐浴やお風呂上がりは皮膚の皮脂が洗い流され水分が蒸発するので、乾燥してしまう前に、5分以内を目安に保湿剤を塗ってあげることがポイントです。

 

2.保湿剤は顔と全身にたっぷりと塗る

保湿剤をママの手に取り、赤ちゃんの顔と全身にやさしく伸ばします。その時、肌を摩擦しないようにしてください。首や足などのくびれ部分は忘れがちなので忘れずに塗ってあげましょう。

 

3.乾燥がひどい部分は保湿剤を重ね塗り

乳児湿疹が起きそうな箇所、特にカサカサしがちな顔やほっぺには、ベビーオイルやベビークリームなどを重ね塗りしてあげると、かゆみが起きにくくなります。

 

※市販の保湿剤が赤ちゃんのお肌に合わない時や、塗って悪化してしまった場合は早めに医師に診てもらいましょう。

 

 

まとめ

熱いお湯に長時間浸かることも、皮脂が落ちる原因になるので、お風呂の温度は38~39度のぬるま湯にして、時間は5、10分、長くても15分程度にしておきましょう。

乳児湿疹の対策に特別な薬は必要なく、大切なのは毎日の保湿ケアです。ベビーローションやベビーオイル、ベビークリーム、ワセリンを活用して、肌トラブルを起こしやすい敏感肌を保護してあげましょう。ひどいときはお医者さんです。

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気の記事

冬の寒さ対策!湯たんぽでぬくぬく幸せ気分になろう

突然ですが、あなたは寒がりさんだったり、冷え症さんですか? 寒い冬。夜冷たい布団に入るのはとても辛くって、なかなか眠れないのです。そこでわたしを救ってくれたのが熱々「湯たんぽ」です。エコってだけでなく、昔から愛され続けて…

喪中はがきを出すマナーとは?出す時期や出す範囲、デザインはどうしよう?

今年も年賀状の時期が近づいて来ました。自分が喪中であったりした場合、この時期にやらなければならない事があります。それは「喪中はがき」を出すことです。自分が喪中であることや、自分の家に不幸があったことを知らせて「喪中のため…

最近の投稿
カテゴリー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。