生活情報 豆知識 雑記

小盛りだくさん情報ブログ

毎日の小さな気付きを発信中です

赤ちゃんの日焼け止めは安全なの?いつから使ってどうやって落とす?

読了までの目安時間:約 7分

だんだん暖かくなって、春を肌で感じるようになってくると紫外線が気になってきますよね?
外出する機会も増えてきますし、特に赤ちゃんの日焼けが気になります。
赤ちゃんに日焼け止めはホントに必要なのか?肌もデリケートだし悪影響はないのでしょうか。詳しくご紹介です。

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け止めの安全性はどうなの?

ひと昔前までは、こんがり日焼けをしていれば健康のあかしだ。みたいなことを言われたりしてましたよね。

日光浴までさせたりして…。

でも、最近ではオゾン層の破壊によって紫外線が人間の身体に悪影響を及ぼす存在になってしまいました。
皮膚がんや白内障などの病気になってしまいかも?と言われたりしていますね。

 

そこで、日焼け止めが前にもまして注目されるようになりました。肌を焼かないように。

 

なので、日焼け止めは必要です!

 

でも、赤ちゃんに日焼け止めを塗る場合、肌が敏感なので注意が必要です。

 

日焼け止めには、SPFとPA以外にもいろいろ注目ポイントがありますが、まず注目しておきたいのが紫外線散乱剤(ノンケミカル)紫外線吸収剤(ケミカル)についてです。

 

紫外線吸収剤(ケミカル)……その名の通り紫外線を吸収して、熱エネルギーに変えて外へ放出します。

 

日焼け止めに配合されていて当然のようなものなのですが、最近は悪者扱いです。理由としては肌に直接塗る事で悪影響があるからです。
ひとつは紫外線吸収剤自体が、化学的に合成されて作られた成分であること。肌に直接塗ること自体が負担になってしまうのです。
それに紫外線を吸収して熱に変えるため、肌の表面で酸化がおこってしまうこと。

特に、肌がデリケートな赤ちゃんや子供は気を付けたい成分なのです。

では、紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めで紫外線対策は可能なんでしょうか?

 

答えは可能!大丈夫です。

 

紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めには紫外線散乱剤が使われています。
こちらは肌への負担も少なく、赤ちゃんにも安心して使えます。
ノンケミカル・オーガニックとも言われており、パッケージに書かれているのですぐにわかります。

効果からすると、紫外線吸収剤のほうが強力ですが、紫外線散乱剤も、日常生活を送るうえでの紫外線対策には十分対応できるのです。

 

赤ちゃんには肌につけて安全なほうがよいに決まってます。

購入するときにパッケージに「紫外線吸収剤不使用」「紫外線吸収剤フリー」といったような表示があれば大丈夫です。

もし、表示がない場合は全表示成分を確認してみて下さい。

 

日焼け止めに良く使われている紫外線吸収剤は以下↓のような名前になりますので参考にしてみましょう。

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
オクトクリレン
パラジメチルアミノ安息香酸2-エチルヘキシル
オキシベンゾン-○ ※○の中は数字
エチルヘキシルトリアゾン
t-ブチルメトキシジベンソイルメタン
フェニルベンズイミダゾールスルホン酸
メチレンビズベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール
ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
ジエチルアミノヒドロキシジベンゾイル安息香酸ヘキシル

など大切な赤ちゃんのため、お母さんが知識を身につけ安全な日焼け止めを選びましょう。
そして使う前に、パッチテストは大切で必ずやった方がよいです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け止めはいつから使う?

赤ちゃんの肌は、とても薄くて敏感。大人の3分の1しか厚みがなくとてもデリケートです。

また皮脂や水分も少ないので、乾燥しやすく日焼けには大人以上に気を付けてあげましょう。

 

では、いつから使ってよいものか?

 

まず、紫外線に気を付けた方がよい期間は、3月中旬~9月くらいまで。
特に、日中10時~14時の紫外線が強い時間帯は気を付けなければなりません。日焼け止めを塗ることをおすすめします。

 

日焼け止めを塗りだす年齢に関しては、生後3~4ヶ月頃から日焼け止めを塗ったほうが良いと言われています。

生後6ヶ月以降にした方がいいといわれる方もいらっしゃるようですので、心配でしたら6ヶ月を過ぎてから使用した方が良いかもしれません。

 

ただし、肌が弱い赤ちゃんや、湿疹が出てしまったり、肌が乾燥して荒れていたりする場合には、いくらベビー用の日焼け止めクリームだとしても、塗らない方がいい場合がありますので、そこはかかりつけのお医者さんがいらっしゃるようでしたら、絶対に相談した方がいいです!

 

赤ちゃんに塗る日焼け止めは、誤ってなめてしまう場合もありますので必ず口に入れても大丈夫なようにべビー用にしましょうね。

 

赤ちゃんの日焼け止めどうやって落とす?

基本は石鹸でやさしく落とします。

 

合成成分の少ないベビー用の日焼け止めであれば、石鹸でキレイに落とせます!
日焼け止めを塗った日は、その日の夜にお風呂でキチンと落として上げましょう。

 

わたしがやっていた方法

・ガーゼをぬるま湯にひたし、顔を濡らす

・泡立てたベビー用石けんを額や頬などに乗せ、ガーゼで優しくくるくるとなでる。

・ぬるま湯で、濡らしたガーゼで3回ほどきれいに拭く。

 

※日焼け止めによって落とし方も異なるので、念のため、使用上の注意を確認しておくと安心です。

 

まとめ

赤ちゃんや、小さなお子様の日焼け止めについてでしたが、いかがでしたか?
あたたかい季節になってくれば、外に出て思い切り遊びたくなりますよね。紫外線を避けて、家の中ばかりにはいられません!
日焼け止めをうまく使って、お子様を紫外線から守りながら、楽しく外遊びしましょう。

 


ライフスタイルランキング

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気の記事

肌の乾燥が秋にひどくなります!とてもかゆいしつらい。対策が知りたい

秋から冬にかけて、とても肌がかゆくなったりしませんか?季節の変わり目は肌のゆらぎがひどくなります。 いつもは平気なのに、ちょっとしたことで肌がゆらいでしまう…という人は少なくありません。例えばそれは、乾燥が原因だったりし…

喪中はがきを出すマナーとは?出す時期や出す範囲、デザインはどうしよう?

今年も年賀状の時期が近づいて来ました。自分が喪中であったりした場合、この時期にやらなければならない事があります。それは「喪中はがき」を出すことです。自分が喪中であることや、自分の家に不幸があったことを知らせて「喪中のため…

最近の投稿
カテゴリー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。