生活情報 豆知識 雑記

小盛りだくさん情報ブログ

毎日の小さな気付きを発信中です

赤ちゃんが日焼けしてしまった。アフターケアと、もとに戻るのはいつ?

読了までの目安時間:約 6分

季節が変わってあたたかくなってくると、おでかけする日が増えてきますよね♪
赤ちゃん連れで遊びにいくこともたくさんあるでしょう。

そんな時うっかり赤ちゃんが、日焼けしてしまったらどうしましょう。
日焼けしてしまった時のアフターケアなどご紹介です。

スポンサーリンク
  

赤ちゃんが日焼けしてしまった

赤ちゃんの肌はとても繊細でデリケートです。少しの刺激でも大きなダメージをうけてしまいます。

まだバリア機能が十分ではないため大変なことになってしまいます。特に紫外線は赤ちゃんの薄い表皮を通過して
真皮まで到達してしまいます。
なにも保護しないまま太陽の光をを浴び続けると、思った以上に日焼けして赤くなったり、荒れたようになってしまいます。
また、肌の奥まで到達するため将来シミが発生したり、皮膚がんのリスクが高まったりしてしまいます。

 

日焼けで赤くなった赤ちゃんの肌をみると、太陽の熱と紫外線でやけどをしたのと同じ状態、まさに「焼けて」しまっている状態。
だから熱いんだろうし、痛いんだろうなと思うと胸が痛くなります。

 

赤ちゃんが日焼けしてしまった時のアフターケアについて

日焼けしている箇所をとにかく冷やす!冷やす!

 

まさに「やけど」をしている状態で、皮膚が炎症をおこしていますので、冷やすことが重要になってきます。
あたためてしまうと症状が悪化してしまうので、冷やし続けること。

水で濡らしたタオルで患部を冷やしてあげましょう。熱を取り去る事で日焼け部分はだいぶ状態が良くなるでしょう。
もし、それでもまだ赤くなって、腫れをともなう場合は子供用の熱冷まし用シートを使ったり、保冷剤をガーゼなどに巻いて患部をしっかり冷やしてあげてください。
※冷やすのは大切ですが、凍傷になるまで同じ個所に保冷剤などをあてておかないように。

 

肌・体を保護・保湿する

日焼けをしていると肌が、刺激にとても弱くなっています。なので、肌を保護してあげましょう。

新たな肌トラブルを起こさないように、赤ちゃん用の低刺激のベビーローションなどを使って保護します。

そして、熱が取れたら乾燥対策で保湿です。日焼け後の肌は乾燥しやすくなっていますので保湿は大事です。

 

肌だけでなく体の水分補給の大切です。

 

赤ちゃんの日焼けについては、肌のケアだけでなく、体のケアもしっかりしてあげましょう。
日焼けしている肌は水分を逃がしやすくなっているので、体の水分も失われやすくなっています。
特に赤ちゃんは、新陳代謝が活発なので、日焼けのあとは肌の熱冷ましと同じく、体内の水分補給にも気を使ってあげましょう。
水分補給と肌の熱冷ましを同時に進めてあげると、赤ちゃんの心身は早急に落ち着いてくれることでしょう。

 

お出かけを控えましょう

日焼けをしてしまった肌にこれ以上負担をかけないためにも、お出かけは我慢してあげましょう。
少し安静にしていて欲しいです。室内で静かに遊んであげましょう。

 

なかなか症状が解消されない場合は…

日焼けのあとの処置はしたけど、なんだか赤ちゃんの様子がおかしいときや、また下記の症状がみられる日焼けのときは迷わず病院へいきましょう。

皮膚がガサガサになってきた
日焼けした所を、かゆがっている
湿疹が出てきた
火傷のようにひどく赤くなり腫れている
水泡になった
発熱が続いている

上記のような症状がある場合は、注意が必要となってくるので、早急に病院に行きましょう。

 

日焼けをした昼間は元気だったのに、夜になって症状がひどく機嫌が悪いというときもあるので
日焼けをしてしまった日は特に注意深く赤ちゃの様子を観察することが大切になります。

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼けはいつ、もとに戻る?

日焼けで炎症がおさまると今度は、赤ちゃんの肌がどんどん黒くなってきます。

いつになったら元に戻るのか気になりますよね。

個人差もありますが、小さな子は基本的にターンオーバーが早いので、それだけ肌が白く戻るのも早いです。

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのサイクルのことで、通常28日で1サイクルと言われています。

 

肌の奥で増えたメラニン色素が、だんだん肌の表面に押し上げられて角質としてはがれ落ちます。
日焼け後の肌を白くするには、肌のターンオーバーを活性化させて、自然に元の色に戻るのを待つしかありません。

 

そして、このターンオーバーをうながすのは、睡眠・食事・運動の規則正しいバランスです。

成長ホルモンが大量に出る22時~2時にしっかりと熟睡すること。

栄養バランスよく、いろいろな食品をとること。

運動をして体をしっかり動かすこと。

 

これらを、しっかり守ってすこやかなお肌を取り戻しましょう♪

 

まとめ

赤ちゃんがもしも日焼けしてしまったときの、処置方法などをご紹介しました。
意外と身近で簡単にできるものばかりですが、なるべくなら赤ちゃんの日焼けはしっかりと防ぎ、すこやかにお肌をはぐくんであげたいものです。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気の記事

冬の寒さ対策!湯たんぽでぬくぬく幸せ気分になろう

突然ですが、あなたは寒がりさんだったり、冷え症さんですか? 寒い冬。夜冷たい布団に入るのはとても辛くって、なかなか眠れないのです。そこでわたしを救ってくれたのが熱々「湯たんぽ」です。エコってだけでなく、昔から愛され続けて…

喪中はがきを出すマナーとは?出す時期や出す範囲、デザインはどうしよう?

今年も年賀状の時期が近づいて来ました。自分が喪中であったりした場合、この時期にやらなければならない事があります。それは「喪中はがき」を出すことです。自分が喪中であることや、自分の家に不幸があったことを知らせて「喪中のため…

最近の投稿
カテゴリー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。