生活情報 豆知識 雑記

小盛りだくさん情報ブログ

毎日の小さな気付きを発信中です

紫外線対策の食べ物で朝に摂ると良いものは?効くものは?肌を黒くするものってなに?

読了までの目安時間:約 7分

紫外線対策がとても大事なことは、もうわかっています。シミやシワのことを考えると、夏だけじゃなく一年中気をつけなくてはならないです。ひと昔前は日焼けは健康的とか言っていましたが、今は違いますもんね!
日中外にいなきゃならない時など特に、日焼け止めや日傘、帽子、サングラスなどで対策していると思いますが、実はそれだけではダメなんです!体の中からケアすることでシミやシワになりにくい体を作ることができるんですよ!朝が肝心です!

スポンサーリンク

紫外線対策の食べ物で朝に摂ると良いものは?

午前中から外出したりする場合、紫外線に浴びることを考えると朝に食べる食べ物によって紫外線への影響が変わってきます。

朝にはどのような食べ物を食べると紫外線対策ができるのでしょうか?

 

紫外線は10時~14時頃までが多く、特に12時前後に紫外線量が多くなります。紫外線を浴びてしまう前に、朝食で紫外線対策を考えた食事を摂ることで、紫外線の影響を減らすことができると言われています!

 

では、さっそくどのような栄養素が効果があり、具体的に何を食べるとよいのかというと…。

 

朝オススメなのは、ブロッコリーやカリフラワー、赤ピーマン、芽キャベツ、イチゴなど、ビタミンCを多く含む食品です。美肌といえばビタミンCですよね!水溶性なうえに、体や精神的にストレスがかかったりしても消費するそうなので、どんどん摂取したい栄養素代表格です。やはり、ビタミンCがポイントですね。

 

他にも、ビタミンB₂を多く含む食品も摂取したいところ。具体的には、レバーやうなぎ、いわし、かつおぶし、アボカドなどです。ビタミンB₂は、新陳代謝を促して、皮膚や粘膜を丈夫に保ってくれます。丈夫な肌は傷つきにくいですし、ターンオーバーが促進されることで、うっかり日焼けにも効いてくれそうです。

 

かぼちゃやホウレンソウなど、βカロチンが豊富な食べ物も大切です!βカロチンは免疫力を高め、肉や魚、大豆などに含まれるアミノ酸は血の巡りを良くし、代謝を高めてシミ・ソバカスの予防に役立ちます。アミノ酸が多い肉や魚などのタンパク質もお勧めです。

 

色んなものをバランスよく摂取するのが大切ですね!中でも、メラニン色素の生成を抑えるものや、新陳代謝を高める成分が多い食品を選ぶのがよさそうです。

 

紫外線に効く食べ物とは?

紫外線からお肌を守り美肌を作る成分としては、ビタミン、β-カロチン、アミノ酸、亜鉛などがあります。

 

紫外線対策として食物から摂った方が良い栄養素には次のものがあります。

 

・シミやそばかすを予防するビタミンC
・肌の老化や荒れを防ぐβカロテンやビタミンE
・肌の新陳代謝を活発にするビタミンB2や亜鉛
・メラニンの生成を促進する活性酸素を除去する抗酸化作用のある食べ物

 

ビタミンCを摂るにはミカンやイチゴなどの果物類、βカロテンとビタミンEを摂るためにはカボチャやニンジンなどの緑黄色野菜ビタミンB2は<納豆や卵、牛乳亜鉛は魚介類や肉類に多く含まれています。
抗酸化作用があるものは、トマトなどに含まれるリコピンや、いちごやザクロに含まれるエラグ酸、エビや鮭、カニなどに含まれるアスタキサンチンなどがあります。

 

紫外線対策のために朝、摂った方がよい食べ物と重なる部分は多いのですが、これらをバランスよく摂ることで、紫外線を体の内側から予防することができます。

 

スポンサーリンク

肌を黒くする食べ物ってなに?

紫外線対策の食べ物では、実は栄養素的には食べた方が良いのだけれども、食べてからすぐに日に当たると紫外線の悪い影響を受けやすくなってしまうもの有ります。

 

お肌によいとされるビタミンCですが、実は、ビタミンCを多く含んでいても、朝は食べない方がよい食品が存在します。

これらにはソラレンという成分が含まれていて、ソラレンを含む食べ物にはどんなものがあるかと言うと、こういった食べ物です。

 

レモン
グレープフルーツ
オレンジ
キュウイフルーツ
パセリ
セロリ
等など

 

お肌にものすごく良さそうな食べ物ばかりですよね。これらの食べ物は栄養素的にはビタミンCやEをたくさん含んでいて、紫外線で傷んだお肌の修復にものすごい力を発揮してくれるのですが、日に当たる前に食べると、紫外線による悪い栄養が増幅されてしまいます。

 

ソラレンは、光毒性と言って、光に当たると紫外線に反応し、肌にダメージを与えてしまう性質を持っているのです。紫外線を吸収しやすくする作用があるので、多く摂取すると肌にかゆみや赤み、さらにはシミや色素沈着を引き起こす可能性もあるんです!

ソラレンは食べてから2時間後に働きがピークになるので、日が長い時期は、朝食から午後3時のおやつまでは我慢した方がよさそうですね。

 

日が沈んでからは、ソラレンの影響は出ずに、ビタミンCやE等のお肌にいい成分が身体に効いてくるので、紫外線が気になる季節に、これらのものを食べる時には、夜に食べるようにしましょう。朝はグリーンスムージーという方は、これらの食べ物を入れないようにした方いいと思います。

 

まとめ

朝、食べる方がよいとされる食べ物はビタミンCなどの栄養素を多く含むものでした。しかーし、ビタミンCが多くても、ソラレンが多く含まれる食品は食べない方が良いらしく、まぎらわしくて、非常にわかりづらいです!体に良かれとグリーンスムージーを朝に飲んでる人、たくさんいると思います。それらは夕食時に摂取するなど注意してくださいね。

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気の記事

冬の寒さ対策!湯たんぽでぬくぬく幸せ気分になろう

突然ですが、あなたは寒がりさんだったり、冷え症さんですか? 寒い冬。夜冷たい布団に入るのはとても辛くって、なかなか眠れないのです。そこでわたしを救ってくれたのが熱々「湯たんぽ」です。エコってだけでなく、昔から愛され続けて…

喪中はがきを出すマナーとは?出す時期や出す範囲、デザインはどうしよう?

今年も年賀状の時期が近づいて来ました。自分が喪中であったりした場合、この時期にやらなければならない事があります。それは「喪中はがき」を出すことです。自分が喪中であることや、自分の家に不幸があったことを知らせて「喪中のため…

最近の投稿
カテゴリー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。