生活情報 豆知識 雑記

小盛りだくさん情報ブログ

毎日の小さな気付きを発信中です

ウェットティッシュ・アルコールタイプで顔を拭いていい?

読了までの目安時間:約 7分

毎日元気な子供たち。汚れや、雑菌なんて気にしない・・・子供たちとは裏腹に、子育てママたちには子供たちの安全・衛星を保つために食事や、トイレなど「ウェットティッシュ」は絶対に欠かせませんよね。
汚れた口元や、顔を拭いてあげたいけれど、大丈夫?かしら。
「ウェットティッシュ」効果や選び方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

除菌の効果は?どちらを選ぶ?

屋外でも簡単に使えて、手洗いができない場所でも汚れを拭き取り

さらに除菌もできる「ウェットティッシュ」は子育てママの必需アイテム。

パッケージをよく見ると、「アルコール」・「ノンアルコール」など表示が様々。

 

さらに「除菌」の表示もあるけど、いったい何がどう違うのかよくわかりませんよね。

パッケージもよく似ているものもありますね。
しかし、いざ使ってみると手触りや、ティッシュシートの厚さ
使用後の感触など成分や素材等など色々違っているのに気づいていましたか?

毎日つかうものだからこそ、使い方にあわせてピッタリのものをしっかり選びたいですよね。

 

「アルコール」タイプと、「ノンアルコール」タイプ
除菌用ウェットティッシュは、「アルコール」タイプと、「ノンアルコール」タイプに分けられます。
しっかり除菌したい場合は「アルコール」タイプを選ぶとよいと思います。
チャイルドシートの持ち手や、自転車の持ち手、トイレの便座や、気になる箇所など
雑菌、ウィルスなどの気になる箇所には「アルコール」タイプがおススメといわれます。

 

お子様の目・口など顔を拭く場合や、デリケートな部位を拭く場合には刺激の少ない
「ノンアルコール」除菌タイプを選ぶとよいといわれます。
お子様をサッとふけるタイプは刺激の少ない「ノンアルコール」が便利だといわれています。
刺激が少ない分、何度でも回数多く利用できますね。

 

 

ウェットティッシュノンアルコールで顔を拭いていい?

刺激の少ない「ウェットティッシュノンアルコール」タイプは、
お子様の顔を拭いても問題ないと言われています。

手や口元など敏感肌にも優しい「ウェットティッシュノンアルコール」タイプ。
除菌効果も含まれる商品もありますので、パッケージを確認してくださいね。

 

アルコール成分が含まれなくても、除菌効果がある「ウェットティッシュノンアルコール」も販売されております。
全ての「ウェットティッシュノンアルコール」がお子様に適しているとは限りません。

肌に関することですので、各自の個人差がありますよね。

どんな場合でも、肌に異常を感じたら使用を控えて、医師の診断を受けましょう。

各メーカーで素材の違う「ウェットティッシュノンアルコール」が販売されています。
敏感なお子様の肌質に合ったものが見つかると良いですね。

肌に敏感なお子様世代には「ウェットティッシュノンアルコール」タイプをおススメします。
いつでも使えて便利、安心して使える「ウェットティッシュ」を、子供たちにピッタリ合ったものを是非見つけてほしいです。

スポンサーリンク

 

ウェットティッシュノンアルコール除菌は効果ある?

「ウェットティッシュノンアルコール」について詳しくご紹介しましょう。

・アルコール成分が含まれていない
・アルコール成分が含まれないので、刺激臭が少ない
・アルコール成分が含まれないので、使用後の清涼感が少ない
・赤ちゃんから安心して使用できる

 

アルコール成分を含んでいないため、アルコール成分特有の刺激臭や
肌への影響が少なく安心して使用できるといったことが「ウェットティッシュノンアルコール」タイプの特徴といえますね。

 

「ウェットティッシュノンアルコール」除菌効果
「ウェットティッシュノンアルコール」タイプには除菌効果はあるのでしょうか?
商品パッケージをよくみると「除菌」と表示されているものがありますね。
アルコールを含まないのに「除菌」?いささか不安になりますよね。

各メーカーによって、使われている成分には多少の違いがありますが、

「ウェットティッシュノンアルコール」タイプでも除菌効果が得られます。
アルコール成分にかわり、「塩化ベンザルコニウム」・「塩化セチルピリジニウム」などが
配合されていますがこのタイプはとくに除菌効果が高いようです。

 

 

ウェットティッシュアルコール、ノンアルコールどちらを選ぶ?

用途によって使い分けましょう
「ウェットティッシュアルコール」は、殺菌作用のためにアルコールが含まれています。
机や水回り、ガラスなど、「ウェットティッシュアルコール」タイプは幅広く利用できます。
もちろんお手拭きも可能です。

 

「ウェットティッシュノンアルコール」は、小さいお子様におススメ。
刺激臭や肌へのストレスを感じることなく使用できると思います。
除菌効果のあるものなら、尚安心ですよね。

 

どちらを選ぶか?使用頻度の高い用途に合わせて
「ウェットティッシュアルコール」・「ウェットティッシュノンアルコール」を選ぶと良いと思います。

お子様に使用の際は、やはり「ウェットティッシュノンアルコール」をおススメします。
「ウェットティッシュノンアルコール」タイプであっても、使用感や臭い(香り配合)にちがいがあるので好みを選びましょう。

机やものを多く吹く場合は、アルコールタイプ。
お子様には「ウェットティッシュノンアルコール」が便利ですね。

 

まとめ

身近にあると便利なウェットティッシュ。
お出かけの際に常備したいウェットティッシュ。除菌できるタイプならさらに安心ですね。
沢山の種類の中から、用途に合わせて選び、さらにはお子様の肌タイプにも配慮して
ストレスのない商品を見つけられるとよいですね。
使い勝手のよいウェットティッシュが見つかります様に。

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

プロフィール

はじめまして、ブログ管理人の
「ちゃこぺん」です。

暮らしに役立つ情報を
随時更新していますので
是非ゆっくり見ていってくださいね♪

人気の記事

喪中はがきのマナーとして添え書きはどうする?ひとこと入れるなら例文とは?

年賀状なら、ひとこと添え書きがあるとうれしいものですが、これが喪中はがきとなれば話は別で、マナーとして添え書きを入れてよいのか、悩んでしまいます。喪中はがきの添え書きについてご紹介です。 スポンサーリンク

喪中はがきを出すマナーとは?出す時期や出す範囲、デザインはどうしよう?

今年も年賀状の時期が近づいて来ました。自分が喪中であったりした場合、この時期にやらなければならない事があります。それは「喪中はがき」を出すことです。自分が喪中であることや、自分の家に不幸があったことを知らせて「喪中のため…

最近の投稿
カテゴリー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。