生活情報 豆知識 雑記

小盛りだくさん情報ブログ

毎日の小さな気付きを発信中です

白糸の滝へ行こう!見どころ満載!美しい滝♪マイナスイオンいっぱいです!

読了までの目安時間:約 7分

三大名瀑のひとつ、白糸の滝は「名勝」および国の天然記念物として指定されています。
富士山が、2013年に世界遺産として登録されたことで、白糸の滝は構成遺産にも登録されました。富士山からの雪解け水が幅150m、落差20mの崖から大小異なる何百本もの白い糸のように、流れ落ちる光景は天下の名瀑と呼ばれるにふさわしく、優雅で気品を感じることができます。また浄化のパワースポットとしても有名です。白糸の滝へと向かう途中に音止の滝があります。幅 5m 落差 25mの音止の滝は、白糸の滝とは対象的で名前どおりに音が遮られるほどの轟音を轟かせて豪快に流れ落ちていきます。このように2本もの立派な滝が隣接するのは日本でもとても珍しいスポットです。

スポンサーリンク

白糸の滝へ行こう!駐車場情報などなど

 

【料金】
入場料などなく、いつでも自由に観光できます。

 

【時期】
オールシーズン観光可能。早朝に訪れると霧がでていることがあります。
特におすすめのシーズン
●マイナスイオンをたっぷり浴びられる新緑の季節
●滝の白色と朱色のコントラストが幻想的で美しい紅葉の季節

 

【住所】
〒418-0103
静岡県富士宮市井出・原

 

【駐車場情報】
●併設駐車場 営業時間8:30~17:00
料金(1日あたり) 普通車500円(約100台分) バス1000円 バイク200円
駐車場内にトイレあり(車椅子用の個室も完備)。白糸の滝まで徒歩5分

 

●白糸ガーデン利用客用の駐車場 営業時間9:00~17:00
料金(1日あたり) 200円
店内で500円以上の買い物をすると駐車料金が無料になるのでとってもお得!
白糸の滝の入口からすぐの場所にあります。白糸の滝まで徒歩5分

 

●うりぼう駐車場 営業時間 不明
料金(1回あたり) 300円
500円以上の買い物で駐車料金無料。白糸の滝まで徒歩10分

 

【アクセス、行き方】
●公共交通機関
JR富士宮駅→路線バス白糸の滝行き乗車30分→「白糸の滝」で下車→徒歩5分

●車を利用する場合
新東名高速 新富士ICより西富士宮道路経由で35分
東名高速  富士ICより同じく西富士宮道路経由で40分
中央高速  河口湖ICより国道139号経由で5

 

 

実際に行った感想

交通手段は車で、伊豆・熱海旅行へ向かう途中にフラッと立ち寄りました。

 

新緑生い茂る夏の時期で日曜日に訪れましたが、駐車場の待ち時間などなくスムーズに観光できました。

 

また、駐車場に観光案内所があるので、まずはそこで周辺地図やコースマップを手に入れましょう。

駐車場から、滝の入口まではいくつもの出店が並んでおり、滝壺と入口付近では一変違った雰囲気が楽しめます。

地元の特産品やお土産が売られていて、食事を摂りながら休憩することもできます。

 

私は、B級グルメとして有名な富士宮やきそばやトマトソフトクリームを食べました。

コスパ良し!味良し!噂どおりのB級グルメでした。お土産売り場では地酒や静岡名産のお茶やわさびが気になりました。

駐車場からスタートして出店を抜けると、ゴゴゴーっと轟音が聞こえてきて音止の滝が見えます!

 

音止の滝は上からの展望のみで滝壺へ降りることはできませんが、ものすごい轟音で上から眺めるだけでも迫力を感じる滝でした。

しばらく歩くと途中に小さな神社やパワースポットがあります。

 

そしてお目当ての白糸の滝まで行くと、まずその幅の広さに圧倒されるのです!

 

滝ツボ付近へ行くと、滝からの水しぶきや生い茂った緑からのマイナスイオンをたっぷりと浴びることができます。

勢いよく落下してくる白く美しい滝を、ただただ眺めているだけで心が洗われるような感覚になり

浄化のパワースポットと言われる理由がよくわかりました。

 

なによりも滝から流れ落ちてきた水が透き通っていてとっても綺麗です。
また、白糸の滝を上から眺めることのできる展望場所が2箇所あり

下から見るのとは、また違った感覚で滝の全貌を眺めることができます。

富士山の湧き水が流れる滝の周辺は、ひんやりとした風が運ばれてきて、夏でも涼しく気持ちが良かったです。
滝壺へ降りるまでの道は、緩やかに補正されており、多少のヒールでも苦になりませんでした。

それでも少なからず階段や岩場もあるため、もう一度行くなら間違いなくスニーカーやペタンコなバレーシューズを用意していきます。
周辺をコースマップに沿って回ると1時間程かかり、お土産選びや食事の時間も含めると2時間半程度の滞在時間となりました。

 

富士宮の周辺には他にも人気の観光スポットが沢山あり、気軽に立ち寄れるのでぜひ一度訪れてみてください。

 

【服装】
駐車場から滝の淵までは徒歩5分ですが、そこからさらに滝壺までは長い長い階段が続きます。

どんなに履きなれていても、ハイヒールはおすすめできません。スニーカーや運動靴を用意していくことをおすすめします。

また、滝の周辺は少し肌寒いため、夏でも薄手の上着を用意していくと良いかと思います。

 

【周辺情報】
富士山の周辺なのでホテルなど宿泊施設は多数あります。
白糸の滝以外にもデートや子供に人気のレジャー施設や観光スポットがたくさんです!
・富士サファリパーク
・富士急ハイランド
・御殿場 時の栖  デートにおすすめ!
・富士五湖  こちらも世界文化遺産「構成遺産」に登録されています。
・忍野八海  富士山のビュースポットです。
・三島スカイウォーク  日本一長い吊り橋です。こちらは少し離れています。

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気の記事

梅雨のときの赤ちゃんの布団はどうする?カビの影響は?除湿もしよう

梅雨の長雨ってホントに困りものですよね。赤ちゃんの服だってなかなか乾かないのに、ましてや布団となったら干したいのに、干せない状態。いざ干そうとした時に「カビが!」なんてことになっていると相当ショックです。 赤ちゃんは、大…

足の毛穴が黒くなるのはなぜなのか?色素沈着?消してきれいになりたい!

まもなく素肌の季節がやってきますね。汗や紫外線、素肌のお手入れも真剣勝負なイマドキ女子。お肌は誰よりもつるつるでピカピカで輝いていたいと思いませんか。お肌の気になる箇所はありませんか。気になる悩みのひとつに、「足の毛穴が…

最近の投稿
カテゴリー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。